​サラシア

特許素材

 

 

サラシア属原料

サラシア・オブロンガ、サラシア・レティキュラータ、サラシア・プリノイデス

「サラシア」はインドやスリランカに自生するニシキギ科のつる性植物で、インド伝承医学・アーユルヴェーダで伝えられてきましたが、その中で古くから古来より現地の人たちの間で美容や健康の為に飲み継がれてきました。

また、スリランカの現地語であるシンハリ語では「サラシア」のことを「コタラヒンブツール」とも云い、この言葉には「砂糖の分解を抑制する」と言う意味があります。

弊社は、日本に初めて生活習慣病対応素材としてサラシア属を紹介し有効成分であるサラシノール®を開発した山原條ニ博士と、「サラシノール研究会」の直接の指導を受け、厳選された原料をお届いたしております。

サラシア属原料の品質

サラシア属にはオブロンガ、レティキュラータ、プリノイデスの3種類があり

ます。また、産地もインド・スリランカ・ミャンマー・べトナム・インドネシ

アなどに広がっています。その品質はさまざまで、かなりのバラツキがあるこ

とが判明しています。山原博士はこれら各産地の原料を比較研究し、また活性

成分を定量し、品質評価法を特許申請するなどし、本当に有効な量の成分を含

有する原料のみを提供するよう指導されております。当社が取り扱っている原

料は、この厳正な規格試験をパスしたロットのみをお届いたしております。

サラシノール研究会山原博士認定の原料使用による特典

1.「サラシノール®」という用語の使用
2.「サラシノール®」研究会の名称の使用
3.サラシノール研究会の「A級品質保証認定書」のマークの使用
4.山原條ニ博士の名前の使用

  ※尚、サラシア含有特許製品として健康食品を製造される場合は、

   ”特許使用に関する覚書”への署名、及びパッケージや販売価格の事前の提出が必要となります。

規 格

サラシア焙煎刻・サラシアエキス末・サラシアアルコール抽出エキス

発明の名称:PPARα活性化剤

特    許:第4266386号

発 明  者:山原條ニ博士

サラシア

発明の名称:PPARγ活性化剤

特    許:第4247154号

発 明  者:山原條ニ博士

発明の名称:脂肪肝抑制剤

特    許:第6101888号

発 明  者:山原條ニ博士